家庭教師の学習塾NAVI

高校受験と塾 - 家庭教師の学習塾NAVI

家庭教師の学習塾NAVI > 高校受験と塾

家庭教師が考える高校受験と塾

中学から高校受験へ進んでいくのですが、高校受験に対して子供にどのような受験に対するサポートをしていけば良いか、保護者にとっては心配になるところです。
塾に行かせるにしても、どのようにして塾を選んでいけばよいのか、どんな塾が子供に向いているのか、その点を考えて入塾させるなり、家庭教師や個別指導を付けることを決めていくことが必要でしょう。

塾には進学塾と総合塾と二つの種類があります。
進学塾は、特定な入学目標にする学校が決まっている、一般に難関校とされている高校を受けさせたいとしている子供が通う塾といっていいでしょう。
総合塾は推薦入学希望であり、学校の定期テストへの対策や補修といったことを中心に学習できる塾として捉えられます。
進路のよって高校受験のスタイルが違う訳ですから、この点を充分に考慮して塾を選ぶことになるでしょう。
総合塾で定期テスト対策、家庭教師で実力テスト対策。このように使い分けるのも1つの手です。

進学塾を選ぶときに気を付けたいことがいくつかあります。
まず、入塾テストを実施している塾を選ぶことが重要です。
入塾テストによってクラス分けや受験コースの編成を行いますが、テストを受けた時点で生徒の教科の得意不得意を捉えてもらうことができること、目標意識を生徒自身に認識してもらうこともできるからです。
コースがしっかりと分かれた塾を選ぶことです。

私立高校か公立高校を受験するのかによって勉強の仕方が違ってきます。
特別講習を設けているかどうかもポイントです。
夏期講習や冬期講習、特別講習、休日講習などの設定があれば、そこで通常の学習でフォローしきれなかった点をフォローしてもらうこともできます。
後は、塾の実績を確かめ説明会などで子供との相性を確かめることも忘れないようにしたいものです。

top