家庭教師の学習塾NAVI

中学受験と塾 - 家庭教師の学習塾NAVI

家庭教師の学習塾NAVI > 中学受験と塾

家庭教師が考える中学受験と塾

中学受験を子供にさせたいと思う保護者はどのような視点から、中学受験を選びそのための勉強をさせているのでしょう。
このところ中学受験者は若干の減少傾向にあるとのことですが、それでも首都圏の受験状況は少子化と言われながらほとんど毎年の受験者数は変わっていないということです。
最近人気の学校は中高一貫校になっているとのことですが、どんな点に魅力を感じ保護者は中学受験を子供にさせようとするか、中学受験のメリットを調べてみました。

一番に挙げらた点は、学校の環境が良いということです。
授業を妨げるような行動をする子供がいない。
学力が平均しており、同じレベルで勉強をすることができる。
先生の意欲が通常の中学校とは違う。
又、中高一貫校の良さは高校受験がないために、のびのびとした中学校生活が送れることなどを挙げています。

ただ、デメリットとしては、少なくとも小学校4年生から塾に通わせたり、家庭教師や個別指導を付けたりと金銭的な負担が大きくなるという点が挙げられています。
確かに中学受験には、一般の中学校以外の勉強をさせなくては有名私立校などには、合格しないということが一般的になっています。

中学受験に際して、通わせる塾はどんな塾が、人気があるのかというと、早稲田アカデミー、日能研、サピックス、栄光ゼミナール、馬渕教室、臨海セミナー、市進学院などが人気の高い、言い換えるのであれば難関校合格率が高い塾となっているようです。
塾と子供との相性もあるでしょうが、多くの受験経験者の保護者からの回答によって、前述した塾は高い評価を得ていることは間違いないようです。

top