家庭教師の学習塾NAVI

日能研の中学・高校受験 - 家庭教師の学習塾NAVI

家庭教師の学習塾NAVI > 日能研の中学・高校受験

家庭教師が考える日能研の中学・高校受験

日能研の特徴は、中学受験においては毎週のカリキュラムテストとオープンテストであるセンター模試の結果によりクラスを決めていくことです。
カリキュラムテストでは基礎問題の理解度を試すテストとなっており、一つ一つの問題の理解度を試しながら学習を行うようになっています。

特に復習中心の勉強スタイルが特徴的で、予習をすることを奨励していません。
予習による勉強は、自分勝手な理解に学習ではなく、復習を中心にすることで確実に受験問題を理解し、取り組めるようにしていることが多くの難関学校に合格する仕組みとなっています。
ですので、もし復習が遅れるようなら、家庭教師を雇い、サポートしてもらいましょう。

中学受験では六年生後期からカリキュラムで志望校別対策として「日能研入試問題研究特別講座(略して日特)」が、行われます。
この日特は、御三家をはじめとするトップクラスの学校を対象とした「難関校日特」から、多くの生徒を集める「合同日特」など色々な講座が用意されているのも特徴です。

日能研の高校受験においては、日能研ユリウスがあります。
個別指導を中心とした塾で、一人ひとりの目標や目的に合った、指導科目、指導内容、教材等を用意し学習計画を立て指導していく方法を取っています。

個別指導で学習した内容を理解し身についているかを判断するために「段階別プリント演習システム」を導入しているところは、中学受験で受験指導塾の地位を築いた実績を元に実施していることでしょう。
保護者に対しても「学習状況報告シート」によって、指導者からの報告があり、生徒の学習状況・段階別プリント演習の状況をレポートしています。
更に、報告シートだけでは伝わりにくい生徒の成長と変化を定期的な面談、電話にて報告する仕組みも作られています。

top